2021年4月27日

劇団スポーツ『ルースター』

劇団スポーツ  http://gekidansport.com/

『ルースター』 
2021/4/21(水)〜4/25(日) @花まる学習会王子小劇場 8st.

【脚本】田島実紘

【演出】内田倭史

【出演】 
内田倭史
竹内蓮(以上、劇団スポーツ)
神山慎太郎(くらやみダンス/ガガ)
川久保晴
古賀友樹

【日程】
4月21日(水)19時

4月22日(木)19時

4月23日(金)14時/19時

4月24日(土)14時/19時

4月25日(日)13時/18時

【チケット】
一般 3000円
学生 2800円
高校生以下 1000円
☆前半3ステージは前半割り
 一般 2700円
 学生 2500円

【CoRich舞台芸術!】
【スタッフ】
舞台監督:宮腰慧
照明:緒方稔記(黒猿)
音響:大嵜逸生
宣伝美術:内田倭史
制作:田中遥
企画・製作:劇団スポーツ

2021年4月23日

劇想からまわりえっちゃん『チャンバラ茶番 一生懸命 えいえいおー』観劇レポート(花まる学習会王子小劇場 平井寛人)

江戸時代の村民たちが唄い踊るアミューズメントショー!  劇想からまわりえっちゃん『チャンバラ茶番 一生懸命 えいえいおー』ーー観劇レポート


2021年4月23日(金)〜25日(日)北とぴあ つつじホールにて、劇想からまわりえっちゃん『チャンバラ茶番 一生懸命 えいえいおー』がいよいよ開幕する。1年の延期を経て稽古を重ねてきた「今脂に乗った劇団」が満を持して披露するステージ。
劇団としても今まで以上に大きな舞台となるつつじホールをどのように扱うのか期待を持って観劇に臨んだが非常に満足感の高い仕上がりとなっていた。

江戸時代、徳川家康の四男である松平忠吉が忠臣とともに傍若無人な振る舞いをし、自身の納める城下町で横暴を働いている場面が散見されるのだが、劇団特有のチャームのお陰か、ギャグが良い緩衝材となって効果を発揮しており憎めない。
上演全体を通じて役者たちの愛嬌が爆発し、それを盛り上げる音と光が一体を成して場面を展開していく乙な光景ばかりなので、観劇していて彼彼女らを友人のようにいつしか思うような錯覚に陥る出来だ。
舞台と客席の一体感を築く演出も随所に感じられ、ストレスレスな「村の賑わい」に参加するような感覚にもなったのも魅力の一つだ。

娯楽性の高い舞台であった。そうでありつつ、浮ついているようには感じられないエチケットも高い水準で保守され、時代ごとに移り変わる死生観であったり、個人が個人であるということ、他人を受け入れることなどビビッドな人間観を観客に考えさせる作りにもなっており、観劇体験がそのままエキサイティングな喜びにもなっている。これは劇団が築いてきたブランドに親しみを感じさせることに繋がっていた。
劇場全体を包むような音照も、劇団の本気を感じさせるに値する極めて高いクオリティだった。
また、えっちゃんファンを喜ばせる仕掛けもあり、初めての人でも再見する人でも「えっちゃんワールド」に浸るのにぴったしな渾身の作品になっている。
オリジナルソングも家に持ち帰って聴きたいほど傑作揃いだ。

コロナ禍において足が重いような日々が続くが、人間そのもの美しさ、文化の楽しみであったり心の栄養を欲する人々に、心よりイチオシしたいと思う。
キャラクターたちの魅力が溢れ出して止まらない舞台だ。是非彼彼女らに会いにいってほしい。

《公演詳細》
https://karamawariecchan.com/cyanbaracyabaneieeo/

                         花まる学習会王子小劇場 平井寛人







劇想からまわりえっちゃん『チャンバラ茶番 一生懸命 えいえいおー』を観てきました

こんにちは。花まる学習会王子小劇場の笠浦です。

劇想からまわりえっちゃん『チャンバラ茶番 一生懸命 えいえいおー』 

@北とぴあ つつじホール

が、本日初日を迎えます。先程職員の笠浦と平井がゲネを観させてもらいました!

公演詳細・チケット購入はこちら 


一言で言うと、超一生懸命でした!!!!!

劇場っていいな、演劇っていいな、汗を流すって最高だなという気持ちでいっぱいです。

役者さんももちろんですが、スタッフワークが噛み合って、明るく楽しく一生懸命な作品世界を実現させていました。


あらすじはこんな感じです!

時は慶長15年、徳川家康の四男松平忠吉ここにあり。誇り高き忠吉公その武神の如き剣術から「鬼殿様」と恐れられていた。
傍若無人な彼の様を見かねた神の悪戯か。鬼殿様は刀を構えると身体が勝手に相手を抱きしめてしまう「抱擁病」を患ってしまう。これでは武士の名折れと城下町に逃げ込むとそこで目の当たりにしたの階級社会。貧しい農民、隠れキリシタン。女の子になりたいおじさんやらが寄り添い合って生きる姿。

現実に直面した忠吉の前に徳川家からの刺客が放たれ天下御免の大騒動!!



とまあ、あらすじの通りはちゃめちゃな作品ではありますが、ハートフルでもありスタイリッシュでもあります。

どこが特にすごいのか、一生懸命なのかを以下三点にまとめさせていただきます。


ココが一生懸命①

役者さんが一生懸命!!

えっちゃんの劇団員の方、客演の方、みなさんほんとにすごいです。個性と個性の殺し合い、総合格闘技です。「この人達もはや潰し合ってない?」というくらい輝きを競ってます。

そしてみなさん体がバキバキです。それはどうやってるの?みたいな、人体とは思えない動きが見れてすごいです。やはり筋トレの賜物なのでしょうか・・・。

えっちゃんならではの雑ギャグ(失礼!)も健在。私(笠浦)はもう何年も前、はじめてえっちゃんを観たときここに感動しました。魂で笑わせるというか、果敢というか、しつこいというか・・・とにかく癖になるんです、えっちゃんのギャグは!

そんなギャグを、「え、もうだいぶ終盤だよ?まとめに入る時間だよ?」みたいなタイミングでも平気で繰り出してきます。最高。

そしてチャンバラなので、殺陣も激熱です!!なめたらいけません。超かっこいいです。しかも刀だけではありません!お楽しみに!



ココが一生懸命②

音と光が一生懸命!!

すごいです。やばいです。各種効果が役者に負けないくらいすごい主張してきます。つつじホールが存分に生かされています。

音が鳴ると席が若干揺れるレベルで、体感的には人体の内部まで揺れるというか、心臓マッサージされてるみたいでした。やっぱり体揺れるレベルの重低音感じると、小屋の良さを実感できます!

光もぐわんぐわん動きます。レーザービーム!これがまた殺陣と噛み合って超かっこいいのです。

作品世界に迫力を与え、緊張感とわくわく感を生むスタッフワークの豪華さは、

本当に劇場で体験してほしいです!!!



ココが一生懸命③

歌とダンスが一生懸命!!


超たくさん歌って踊ります。ここしかないでしょ!というタイミングでも、え、ここで!?というタイミングでも、とにかく歌い、踊ります。

見るからにカロリー消費の激しそうなダンス、

CDほしくなるくらい良い歌が堪能できます。

私がえっちゃんの歌やダンスで好きなところは、「やたら残る」のところです。耳につきます。振り付けも、「ぎりぎりできそう」な動きが多々あるので、やってみたくなります!


ちなみに今回の劇中歌で好きなフレーズは「おなかがいっぱい〜」です(これくらいのネタバレは許されるでしょうか・・・)



ところで、なんで私たちがゲネを拝見できたかというと、この演目はもともと、佐藤佐吉演劇祭2020の参加作品として上演されるはずだったからです。

佐藤佐吉演劇祭はコロナ禍の中で開催途中にして中止となり、

この演目も、今日本日まで封印してきたのです。

ですから、それがこうやって形になったことはとても感慨深いです。

が、そんなことはやっぱり関係ないなと、観劇して思いました。シンプルに面白かったし、楽しかったし、それが全部でした。



劇想からまわりえっちゃん『チャンバラ茶番 一生懸命 えいえいおー』 

本日初日、頑張ってください!応援しております!!!(王子小劇場より)

2021年4月19日

Piece Box 『かもめ』

Piece Box  https://note.com/piecebox/n/na74bec9f9542

『かもめ』 
2021/4/14(水)〜4/18(日) @花まる学習会王子小劇場 8st.

【作】A.チェーホフ

【翻訳】神西清

【脚本・演出】小松原宏太(Piece Box)

【出演】 

シャムラーエフ 折浜かじき
ニーナ     石松千明
ソーリン    落合撤(劇団昴)
トレープレフ  石井俊史
アルカージナ  古谷みちる(劇団昴)
メドヴェージェンコ 近藤瑞希(劇団昴)
トリゴーリン  野内貴之(劇団銅鑼)
ドールン    江崎泰介(劇団昴)
マーシャ    覚田すみれ
ポリーナ    望月真理子(劇団昴)


【日程】

4月14日(水)19時

4月15日(木)13時/18時

4月16日(金)13時/18時

4月17日(土)13時/18時

4月18日(日)13時


【チケット】

一般 ¥4,000
U-24 ¥3,500
高校生以下 ¥1,000


【CoRich舞台芸術!】

https://stage.corich.jp/stage/111156


【スタッフ】

美術 佐藤 朋有子
照明 石坂 晶子(SLS)
音響 窪田 亮
衣装監修 イカラシ ヒロコ
舞台監督 矢﨑 和哉
配信 観劇三昧
制作補佐 山崎 敦子
宣伝美術 望月 真理子