2020年2月29日

佐藤佐吉演劇祭2020 参加作品 上演中止のお知らせ

佐藤佐吉演劇祭2020 参加作品 上演中止のお知らせ

新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、2月18日(火)から開催しておりました、
佐藤佐吉演劇祭2020参加の3月3日(火)以降に上演する全作品ならびに佐藤佐吉落語祭を
中止とさせていただきます。

[対象となる演目]
・しあわせ学級崩壊「幸福な家族のための十五楽章」
・はねるつみき「原原原原原原原」
・中野坂上デーモンズの憂鬱「園」
・コンプソンズ「何を見ても何かを思い出すと思う」
・劇団スポーツ「怖え劇」
・はりねずみのパジャマ「それでも棒は持っておいたほうがいい」
・劇想からまわりえっちゃん「チャンバラ茶番!満員御礼!」
・はなさじ企画「入りやすい峡谷」
・劇団 短距離男道ミサイル「春とシュララライッ!! ~Spring and Asuras(not-/mental sketch modified)~」
・佐藤佐吉落語祭

佐藤佐吉演劇祭実行委員会ならびに花まる学習会王子小劇場としましては、参加団体と連携を取りながら感染予防対策に最大限努めて参りましたが、このような不安定な状況下で演劇祭を続けるのは未来ある若手の参加団体にとってリスクが大きすぎると判断し、中止の判断を致しました。
ご観劇を心待ちにしていただいておりました皆様には深くお詫び申し上げます。

既に前売り券をご購入いただいていたお客様への払い戻し対応につきましては、団体により対応が異なりますので、各団体にお問い合わせくださいませ。

また、現在上演中のくによし組「人人」と南京豆NAMENAME「朝焼けの向こうのトランジスタ」については引き続き万全な対策を取りながら千秋楽(くによし組は3月2日(月)、南京豆NAMENAMEは3月1日(日))まで上演の続行を予定しています。
3月3日(火)以降は、花まる学習会王子小劇場ならびに王子スタジオ1は完全に休館致します。現段階では4月1日(水)より営業再開を目指しております。
以下は、参加団体ではなく私たち演劇祭実行委員会ならびに劇場職員としての声明です。

今回の中止の決定は、なにより今日まで作品創作に注力してきたキャスト・スタッフの皆様にとって到底受け入れられないものだと理解しております。
私たちも作品に関わる方々と同じクリエイターだからこそ、団体に寄り添うことができると信じながら今日まで劇場を運営し、演劇祭を開催してきました。

世界を変えるために、誰かの心の奥深くに突き刺さるために、心血を注ぎ、人生をかけて創作してきた作品が、誰の目に触れることも叶わないことがどんなに苦しいことなのか、どんなに悔しいことなのか、想像するにやりきれない気持ちでいっぱいです。

27日(木)夜の時点までは、新型コロナウイルスに関するニュースを追いながらも、参加団体に上演の意思があり座組内に体調不良者が出るなどの事情がない限り、なんとしてでも上演を遂行することこそが参加団体のためと思って演劇祭の継続を模索しておりました。
しかし、相次ぐ予約キャンセルの中、上演を続け金銭的損失が発生するのはもちろんのこと、万が一にでもコロナの感染源になってしまうことは、まだ評価が定まっていない段階の若い団体にとっては存続自体が危ぶまれる事態に直結するのではと考えました。

今回の演劇祭は日本の演劇の未来を託せる才能ある団体を選定し、実行委員会から直接参加依頼をして開催しているものです。
そのことから「演劇祭実行委員会ならびに劇場としては参加団体に上演中止の要請を行わない」としたスタンスは、団体の自主判断に任せることになり、団体が背負うであろうリスクや苦悩、失うかもしれない信用等を推察するに、非常に無責任であると思いました。
実際に劇場職員同士でも「なにが正しいのか」「どういう選択が結果的に参加団体を救うのか」議論を繰り返しました。ただ、今の状況下を思えばどのような選択をしたとしても様々なご意見が出るであろうと思います。それならば演劇祭を主催する劇場が中止の判断をし、すべてのご意見の窓口になるべきであると考えました。

非常に悔しいながらも我々としては「未来」のために「今」を諦めることが必要であると決断をいたしました。
中止の判断・対応に関しての一切のご意見はどうか参加団体ではなく、劇場までご連絡くださいませ。

演劇はまさに観客とアーティストが「今」を共有する芸術です。
今回の上演に向けて創作していただいていた作品たちは、「今」こそ上演されるべき作品だったのかもしれません。
私たちが絶対に面白いと信じて招聘した団体の作品ですので、絶対に面白いはずと信じて疑っていませんし、お客様と同様に我々も上演を心待ちにし、団体を迎える準備を進めて参りました。
もちろん団体は絶対に上演をし、一人でも多くの観客に作品を届けたかったはずです。
大げさかもしれませんが、私たちが演劇の未来を託そうとした団体の作品たちだからこそ、たとえ「今」を逃したとしても決して風化することのない強靭さを持ったものが創作されていたと信じています。いつの日かこれらの作品がきちんと日の目を見ることを願って、この演劇祭の延期開催をするべく現在調整を行っております。

これは私たちなりの「未来」のための苦渋の決断です。
あくまで私たちの決断であり、今後も上演を続行すると判断された他の劇団さんに対しては対立しようという気持ちはなく、違う立場としてその判断を尊重したいと思っています。
正直、通常の貸館営業であれば私たちも判断を劇場利用団体に委ねていたと思います。

佐藤佐吉演劇祭実行委員会は花まる学習会王子小劇場の職員によって組織されております。
はじめから劇場が多少の赤字を負うことを前提としながら、それでも若手団体の未来に還元するために開催してきた演劇祭でした。
今回、劇場費は中止となった団体へは一切請求しないことを決めました。
ただ、これ以上の団体への補償は、劇場そのものの経営が立ち行かなくなってしまいます。
劇場の経営自体が潤沢ではない中、劇場として唯一の収入源であった劇場費を手放すことは、現時点で劇場ができる最大限の選択です。

それでも、団体にとってはこれまで準備にかかった費用は今後の活動の足を止めてしまいかねないほどに大きなものになっています。
ここで未来ある若手団体の足を止めてしまわないためにも、団体の準備にかかった費用に対する補填や、これからの劇団活動費へのご支援を仰ぎたく、実行委員会でとりまとめてクラウドファンディングを実施させていただきます。
ご支援いただいたお金は参加団体へ分配をさせていただきます。
どうか、将来有望な若手団体の存続のため、ひいては日本の舞台芸術の未来への投資としてご支援賜われましたら幸いです。

最後に、これまでのようにアーティストが安心して上演し、観客が安心して観客席に座っていられるような当たり前だった日常が一日も早く戻ってくることを願っています。


佐藤佐吉演劇祭実行委員会 実行委員長
花まる学習会王子小劇場 芸術監督
池亀三太

2020年2月25日

やみ・あがりシアター「ロケットペンシル×ドレッドノート」

やみ・あがりシアター http://yamiagaritheater.jp/
『ロケットペンシル×ドレッドノート』
佐藤佐吉演劇祭2020参加作品

2020/02/19 (水) ~ 24 (月) @花まる学習会王子小劇場 10st.

【作・演出】笠浦静花

【出演】 
沖田 内野智
アナライザー 加藤睦望(やみ・あがりシアター)
古代守 公塚千晴(劇団一生のお願い!)
エメラルダス 久保瑠衣香(W.FOXX)
森/スターシャ 小切裕太
徳川 小寺悠介(青年団/レトル)
藪 佐藤一馬
佐渡 佐藤友美
古代進 さんなぎ
シャア 中林美紗
真田 藤口圭佑(藤一色)
島 森かなみ(劇団肋骨蜜柑同好会)
ハーロック 依乃王里(箱庭円舞曲)


【日程】
2月19日(水)19:30
2月20日(木)19:30
2月21日(金)14:00/19:30
2月22日(土)13:00/18:00
2月23日(日)13:00/18:00
2月24日(月)12:00:16:00

【チケット】
一般 3000円 (当日)3300円
学生 (要学生証) 2500円 (当日)3000円
18歳以下 (要証明書) 500円
生涯無料パスポート 0円(要予約)

【CoRich舞台芸術!】
https://stage.corich.jp/stage_main/85605

【感想まとめ】
https://togetter.com/li/1471213

【スタッフ】
舞台監督 都倉宏一郎(劇団fffff)
舞台美術 眞野祐美子(こわっぱちゃん家)
音響 イサカトモフミ
照明 黒太剛亮(黒猿)
衣装 鈴木佳奈
制作 しむじゃっく
Web 松葉智恵乃
宣伝美術 Erina

2020年2月24日

【公演中止】3/24 王子落語会チャレンジ!参加者紹介!

この記事のイベント(佐藤佐吉落語祭)は上演中止となりました。何卒ご了承ください。
詳細は『佐藤佐吉演劇祭2020 参加作品 上演中止のお知らせ』をご覧ください。

来年2月から3月末に渡って、6週間開催される佐藤佐吉演劇祭2020!今回、演劇祭期間中の3月24日(火)に演劇祭特別版落語会、「佐藤佐吉落語祭」を開催することが決定しました!演劇人が落語にチャレンジするお昼公演、プロの落語を堪能できる夜公演を行い、チケットは昼夜通し券のみ!この日は、王子小劇場で一日中落語をやる日にします!!!


そこで、お昼公演「王子落語会チャレンジ」の参加者10名をご紹介!!


【大塚由祈子(アマヤドリ)】

昭和最後の大晦日に母のお腹を蹴り破水させたのち、やっぱり平成生まれがいいわ〜と1月末まで引きこもり、人騒がせ且つ天邪鬼に誕生。
4歳でバレエを始めると、家族をリビングに集めて即興ソロダンスショーを定期的に開催(付き合ってくれた家族には感謝です)。
高校ダンス部・大学舞踊教育学専攻とダンス漬けの学生生活を送ったのち、小川絵梨子さん演出作品に感銘を受け、「私が本当にやりたいのは演劇だ!」と芝居の道へ。
2019年、アマヤドリ劇団員となり、生誕30周年記念に演劇ユニット「サキクサ」を旗揚げし、ひとり芝居を上演。
石橋を叩いて渡るのではなく、吊り橋を踊って渡りながら生きてゆきたい。






【奥山 樹生(劇団片倉天国)】

















2000年 多摩ニュータウンに生まれる
小学生くらいからちょこちょこ落語とか活弁とか映画にかじり始め、
地元のワークショップで落語を初披露。ちょっぴり味をしめる。
2016年 「映画監督になりたい!」と思って、美術系の高校に行くも、演劇部に入ってしまう。
2019年 その調子のまま、多摩美術大学演劇舞踊デザイン学科演劇舞踊コースに進学。今に至る。
ちょこちょこ外部の舞台に出させてもらったり、まだまだ未熟なもので、勉強中。
高校の同期と結成した片倉天国という団体が今年あたりから本格的に動き始めると思います、よろしくお願いします。



【公社流体力学a.k.a太田日曜】
2014年 演劇動画コンテスト第3回クォータースターコンテストに参加するため、一回限りの思い出作りユニットとして公社流体力学結成。同コンテストにてBITE賞受賞
2015年 受賞を切っ掛けに正式に演劇ユニット公社流体力学結成。旗揚げ公演。
2016年 オープンマイクに初参加。朗読パフォーマンス開始。
2017年 劇団ももいろ鉄ドール結成。座付き作家に就任。
2019年 第10回せんがわ劇場演劇コンクールグランプリ&俳優賞受賞
ポエトリースラムジャパン2019西東京大会ベスト4。









【武長慧介(コメディアス)】

1993年生まれ、山形県出身。東北大学への進学を機に演劇活動を開始。同大学演劇部員らとともに劇団「コメディアス」(主宰 鈴木あいれ)の旗揚げに参画。以降、所属俳優として多数出演。
2017年4月に東京へ移住。現在はIT企業に勤める傍らで、漫才・コント・新作落語を手掛けるなどジャンルを横断した活動に精を出している。
【主な出演作品】
・コメディアス「ファイナルカウントダウン」(2015年)
・コメディアス「ザック」(2019年)
・劇団 短距離男道ミサイル「R.U.R. ~Life, only life is only naked rules-生命が、ただ、生命だけが裸です-~」(2016年)
他多数






【清水建志】













制作として、これまで様々な劇団や公演に参加。
第1回王子落語会にも、当日制作として参加している。

一時期、名古屋を拠点に活動。その際に名古屋演劇人による、小名古屋落語会にて初高座を踏み、現在に至る。
近年は、制作者として舞台に携わる事ほぼなく廃業真っただ中のため、小劇場との縁を繋ぐために俳優業も開始。

また、ラジオ局でレポーター・パーソナリティ・ディレクターとして活動。
現在のレギュラーは、調布FM「午後のカフェテラス(月)」「たまには日曜日」街角レポート担当、かつしかFM「陽だまりにおいでよ」葛飾リポート担当、ふくろうFM「キャスティングリレー(第一木曜ほか)」でパーソナリティを担当。



【長谷川浩輝(快晴プロジェクト)】

199668日生 群馬県高崎市出身
高校在学中に演劇をはじめる。大学入学後、一瞬だけ学生劇団に在籍。その後数年のブランクを経て(その間はお笑いをかじったりもして)20183月、快晴プロジェクトを結成し演劇に復帰。役者・脚本・演出を行う。主な出演経歴として、Sky Theater PROJECT『エンゼルウイング シングルウイングス』明夫役など。
快晴プロジェクト『対話劇』作・演出、快晴プロジェクト『ビューティフル』演出。
現在、東京大学薬学部在学中。








【藤木陽一(アナログスイッチ)】

1991年生まれ、香川県出身。2014年よりアナログスイッチに所属。同劇団の作品において、佐藤佐吉2017助演男優賞を受賞。



















【藤口圭佑(藤一色)】
大学生の時に芝居を始める。2016年に現在も所属している藤一色に入団。所属する劇団の公演だけではなく、多くの団体に出演し、筋肉質な肉体と濃い顔を活かして様々な役柄を演じている。佐藤佐吉賞2019においては優秀助演男優賞を受賞。落語は今回初挑戦である。



















【前田隆成(ハコボレ)】

1996年4月8日。大阪府熊取町に生まれる。大阪府立東住吉高校芸能文化科卒。高校で3年間、古典芸のから現代演劇まで幅広く学ぶ。卒業後、東京の小劇場で俳優活動開始。2016年、20歳の時に関西で自身の演劇企画「ハコボレ」を旗揚げ。以降、全ての作品で脚本/演出/俳優を手掛ける。2019年に東京公演達成。近年は『落語から演劇へ』と題し古典落語に挑み、そこから着想を得て演劇作品に繋げる。
主な出演に2017年に倉本聰脚本/演出の舞台『走る』で全国ツアーに参加。
2018年に塚本晋也監督 映画『斬、』市助役で初の映画に出演を果たす。
受賞歴 
ウイングカップ9 俳優賞
佐藤佐吉賞2019 優秀主演男優賞




【依田玲奈】














1993年、山梨県の小さな温泉旅館に生まれる。
明治大学文学部文学科演劇学専攻に入学後、英語部に所属。英語弁論に励みながら、様々な舞台に出演。卒業後はフリーの俳優として、舞台を中心に活動。主な出演団体に劇団肋骨蜜柑同好会、やみ・あがりシアターなど。

近年は出演だけでなく、高校や専門学校での演技指導、リーディングや一人芝居の企画、構成、演出、出演にも臨む。2018年より、個人企画「just a(ジャスタ)」を始動し、「わたしとあなた」「身体ひとつで劇場へ」をモットーに、瞬間と、瞬間で出逢うことを目指して作品を作っている。国内外問わず、よく道を聞かれる。大体案内できる。


演劇プロジェクトroute.©『戯れ、ゴト。』

演劇プロジェクトroute.© https://routemaruc8.wixsite.com/mysite/
『戯れ、ゴト。』
佐藤佐吉演劇祭2020参加作品

2020/2/18(火)~2/23(日) @王子スタジオ1 12st.

【作・演出】平安咲貴(演劇プロジェクトroute.©)

【出演】 
少女……喜田よつ葉(演劇プロジェクトroute.©)
黒………大屋沙希(明治学院大学演劇研究部)
人魚……岡本麻妃呂(ディアマントプロモーション)
細波……小泉日向
夜光虫…Φ村拓海

【日程】
2月18日(火) 20:00
2月19日(水) 14:00/20:00
2月20日(木) 14:00/20:00
2月21日(金) 14:00/20:00
2月22日(土) 12:00/16:00/20:00
2月23日(日) 12:00/16:00

【チケット】
事前決済 2,300円
当日精算 2,800円
高校生割 1,000円
リピーター/布教割 1,000円

【CoRich舞台芸術!】
https://stage.corich.jp/stage/106527

【感想まとめ】
https://togetter.com/li/1472870

【スタッフ】
舞台監督・舞台美術:深町あみ(演劇プロジェクトroute.©)
照明・宣伝美術:小林梨花(演劇プロジェクトroute.©)
音響:久保朗子(演劇プロジェクトroute.©)
衣裳:田島杏奈(演劇プロジェクトroute.©)
撮影:平田真季